1 2 3 16
日常を楽しむ <全ての記事> 飲食あれこれ

朝から

緊急事態宣言で営業時間短縮の影響?最近はオフィス街で中華屋の早朝営業が目立つそうです。しかし朝からラーメンと思われるかもしれません。でも私は以前から朝ラーメンにはまってます。おそらく週2日は作業着に着替えるとコンビニへ車走らせてます。

しかし朝は糖質を取った方が頭の回転も良くなるそうです。しかもラーメンには様々な具が入り結構バランスの取れた食べ物らしいです。ただスープを飲み干すと塩分取り過ぎみたいです。でも固定概念は捨ててください。朝ラーメン、結構くせになります。

 

↓↓にほんブログ村ランキング↓↓

https://car.blogmura.com/car_shop/ranking_out.html

 

↓↓↓人気ブログランキング↓↓↓

https://blog.with2.net/link/?2024198

日常を楽しむ <全ての記事> 飲食あれこれ

ビタミンとミネラル補給

知り合いの農家さんからいただいた立派な葉付き大根です。そこでビタミンとミネラル補給を含め、晩酌のつまみを作る事にしました。早速調理を始めましたが葉も固く茎も筋っぽいです。そこで切り分けて大鍋で1時間ほど煮込んでみました。しかし鍋からあげると噛み応えがありません?

なぜなら長時間湯がいたのが失敗でした。調べると湯がくのは5分から10分程度で良いとのこと。よって鍋に移し替え冷水と保冷剤で冷やしたら少しだけシャキッと感が戻りました。次は味付けと合わせ物の選択です。しかしレシピを参考に作るのも面白くないので己の感覚に任せます。

味付けは塩と醤油、そして最後に胡麻油で香り付け。そして合わせ物はシーチキンと思いましたが、買い置きがなく豚肉に変更。しかしなが味がいまいちなうえ、全て調理したため10日分くらい大量に出来てしまいました。よって明日はアツアツの白米にのせて食べてみます ^ ^;

 

↓↓にほんブログ村ランキング↓↓

https://car.blogmura.com/car_shop/ranking_out.html

 

↓↓↓人気ブログランキング↓↓↓

https://blog.with2.net/link/?2024198

日常を楽しむ <全ての記事> 飲食あれこれ

まだ9月なのに

石焼~きいも、おいも♪まだ9月なのに焼きいも屋さん現る!懐かしさにつられつい玄関開けちゃいました。どうやら最近の流行りは甘味が強くモチモチした<紅はるか>だそうです。そして一般的なさつまいもの糖度は生芋で8.7度と言われミニトマトと同じ甘さ。しかし紅はるかは生の状態で30度近くあり加熱すると50~60度に上がるみたいです。

ちなみに一般的な生芋を揚げると糖度は23.2度に上がり巨峰と同じ甘さ。また煮ると26.7度でバナナと同じだそうです。さらに蒸したり焼くと33.6度まで上がりプリンと同じ甘さになります。どうやら加熱するとデンプンが糖分に変わり、更に焼き芋みたいに時間をかけて焼くと糖分が一層高くなるそうです。

しかも紅はるかの糖度は極端に高いため焼くと100gで163kカロリーもあります。つまりこの焼き芋が300グラムだとしたら489kカロリー摂取したことになります。しかしながら、さつまいもは食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれてる健康食品みたいです。ただカロリーや糖質が多いので食べ過ぎは禁物です・・

 

↓↓にほんブログ村ランキング↓↓

https://car.blogmura.com/car_shop/ranking_out.html

 

↓↓↓人気ブログランキング↓↓↓

https://blog.with2.net/link/?2024198

日常を楽しむ <全ての記事> 飲食あれこれ

棚からぼたもち?

自販機で缶コーヒー買ったら出てきません。フタをのぞき込むと複数のコーヒーが詰まってます。しかし手を伸ばしても届かないため段ボールでつついたら6本も落ちてきました!?

つまり悔しい思いされた方が5人はいるはず。棚から牡丹餅とは思いませんが複雑な気持ちです。でも捨てたり放置することも出来ないので私が責任もって飲み干します ^ ^;

 

↓↓にほんブログ村ランキング↓↓

https://car.blogmura.com/car_shop/ranking_out.html

 

↓↓↓人気ブログランキング↓↓↓

https://blog.with2.net/link/?2024198

日常を楽しむ <全ての記事> 飲食あれこれ つまらぬ豆知識とプチ雑学

手作り餃子

私は大の餃子好き。だからたまに作ってます。具作りが面倒ですが包みと焼きが楽しくて仕方ありません。そして最近の流行りは生姜多目のさっぱり系。ちなみに師匠から教わったレシピは皮25枚に対し、豚ひき肉約200グラム、キャベツ中1/4、ニラ半分、ニンニク1片と生姜など。調味料は創味シャンタン、オイスターソース、味噌、ごま油、キャベツのしぼり汁適量です。

キャベツの水切りは飲み屋のママさんから頂いたお手製の絞り布が大活躍。またひき肉はこね過ぎ厳禁。なぜなら肉がペースト状になると食感が悪くなるから。また野菜を混ぜる時も空気を含ませ軽く合わせるのがコツ。そして冷蔵庫で寝かすと野菜の水分が出るためすぐに焼くのがベストだそうです。

焼きは餃子が半分隠れる位お湯を加え強火で4分、その後中火で2分ほど。最後にふたを取り水分を飛ばすため1分ほど焼いてます。そして火を止めたらごま油を少々絡ませ出来上がり。でも一番の醍醐味はフライパンから皿に返した時の焦げ目具合。当初真っ黒に焦がした事もありましたが今は焼き加減のコツがつかめました ^ ^

 

↓↓にほんブログ村ランキング↓↓

https://car.blogmura.com/car_shop/ranking_out.html

 

↓↓↓人気ブログランキング↓↓↓

https://blog.with2.net/link/?2024198

1 2 3 16
Page Top